事業所
「就労移行支援」ご利用者様の声
  • 「IONで学んで役立ったこと3つ」ご本人より

    • ①お風呂掃除

      IONで実際にお風呂の掃除訓練が出来たことで、担当の職員の方に『お風呂掃除できる?』と聞かれた際、自信を持って『できます』と答えられた。入職してから2週目にはお風呂掃除の仕事を任されるようになった。

    • ②時間を意識すること

      早め早めに行動する時間の組み立て方をIONで学び、そのおかげで定期を忘れて取りに帰っても職場に遅刻しなかった。早めに着いてしまった時の時間のつぶし方も教えて頂き、大変役立っている。

    • ③嫌なことから逃げないモチベーションの保ち方

      IONで行っていたエクササイズが単調過ぎてモチベーションが下がったことがあり、それを態度に表してしまった。その時 学んだ作業の大切さや、1人抜けるとどうなるかなど、今でも忘れない。この事から仕事に対する考え方が変わった。今では、職場で週一回、体操を任されている。

  • ご家族より

    • ◎高卒後そのまま就労せず、就労移行支援を選択したことについて

      不安は全くなく、どんな事が習得できるのか希望と期待しかありませんでした。一般的に考えると、専門学校へ通わせるイメージでした。その校長が天宮先生ですから、しっかり信念を貫いた教育方針があり、安心してお任せできました。(IONには子ども一人ひとりの状態を把握し、技術や精神面を伸ばしてくれるという信念や方針、さらにスタッフの熱い思いがありました)

    • ◎ご本人の精神的な成長

      これは、とくに大きく感じました。 学校では先生が見守り 出来ると褒めて下さる為、頑張りどころがわかりやすかったようですが『社会はそんなに甘くない』その部分をIONで学ばせて頂きました。楽な方へと流れ、『〇〇さんもやってるから』と人のせいにする事もあり、息子の弱さを知る事もできました。このまま社会にでていたら悪い方へ流されていた(騙されていた)のではないかと不安になりました。IONでの生活は自分の行動を振り返る良い機会にもなり貴重な時間を過ごすことができました。

    • ◎つりあってきた実年齢と精神年齢

      精神年齢の低い息子は卒業後、学校という守られた環境から柵の無い世界で急に大人ぶってみたり、自分が一番出来ると勘違いしたりしていました。その都度、出来ない部分を的確に指摘して頂き(鼻をへし折られ)ました。ある日の近隣へのチラシ配りでは、自分は安全牌しか配らせてもらえなかったと悔しがり、自分も出来るのにと自分の能力を勘違いした上に、人のせいにしていました。その後、同じ就労移行の方と比較し、自分の不甲斐無さを知ることになるのですが・・.貴重な経験が出来ました。

    • ◎定着支援をしてくれるIONへの期待

      実際に働き始めると、様々なハプニングが出てきました。職場に早く到着してしまった時の対処方法、給料日がわからない、休みはどうやってとるのか、怪我をしてしまった時の対応など、小さな事でも不安に繋がり、仕事の態度に出てしまうのではないかと思う時『IONがある』と思うだけで安心できました。
      IONの存在はとても大きく、繋がっているという安心感に支えられてモチベーションを保つことが出来ます。小さな事でも不安になりやすい息子には定着支援が重要な鍵となっております。

    • ◎IONの就労移行のご利用を検討されている方へ

      IONで過ごした一年間が有ると無いでは、今後の人生が変わるといっていいほど、多くの体験と、学びができました。
      またスタッフの方々の愛情の深さにも頭が下がります。愛情は子どもの非認知能力を育て自己肯定感にも繋がります。IONのスタッフから受けた愛情は、今後の人生の糧となり、社会でくじけそうになっても、ここで学んだことを信じて進んでいける、そんな強い力を育てて頂きました。
      また、IONでしか体験のできないキャンプやイベントでは、仲間との共有や達成感を得るだけでなく、様々な社会性や仕事が仕組まれ、スタッフの方々の行き届いた綿密な配慮を感じます。IONは生き甲斐や意欲の溢れている場所だと思います。IONで過ごせた一年間は息子の宝です。子どもの成長や生きていくうえで必要なことがあり、学校や就労先では学べないことがIONにはあります。社会の中に飛び立つ前に、IONで自分磨きが出来、一回り大きくなれたこと、感謝しております。

  • ご家族より (2)

    • ◎就労移行支援を利用しようと思った理由

      企業就労して7年目。勤めていた職場が再開発による立退きとなり、移動のタイミングが就労そのものを見つめ直すきっかけとなりました。職場環境や人間関係はとても良好でしたが、勤務時間や給与などの条件面が入社当初とほぼ変わらず、働く事への手ごたえが少なかったのも事実でした。住まいは都内ですが職場は埼玉県でしたので埼玉県の最低賃金からスタートして、勤めていたときの昇給は入社時から30円程度だったと記憶しています。社会的に知名度のある企業でしたが、障がい者雇用ではボーナスがなく収入の面で将来的な見通しが持てなかったことも就労移行支援を利用しようと思った理由でした。

    • ◎スキル向上を考えたバリエーションに富んだメニュー

      IONでは障がい者教育や福祉の専門知識のある職員の方や利用者と同世代の向上心あふれる職員の方にサポートいただき、様々なスキルアップの機会をいただきました。学生時代からパソコン入力などの事務作業に苦手意識があったのですが、IONで粘り強く取り組むことで抵抗感も薄れ、今の職場では業務内容に応じて扱えるようになったそうです。前職では清掃メインの仕事をしていただけに、本人にとっても就労のレベルアップができたことで自信にもつながりました。また、パソコンだけではなく、軽作業や本人のスキル向上を考えたバリエーションに富んだメニューで一生懸命に取り組むことの大切さを教えていただきました。

    • ◎全ては就労につながる実践の場

      今年の春、無事に就職できましたが、前職に比べてかなりの好条件で企業就労できたのも約1年間のトレーニングの成果と職員の方々の綿密なサポートのおかげだと思っております。社会に出れば当たり前のことですが、出勤時の心構え(時間に余裕を持つこと)や休憩時間の使い方、利用者同士や職員の方とのコミュニケーション、社会人としての立ち振る舞いなどにも目配り、気配りをしていただき、全ては就労につながる実践の場としてとても有意義な学びだったと思います。

    • ◎入社後も定着支援という形で職場との間をサポート

      入社して数ヶ月が経ち、現在は「ION一期生」として、日々の業務を精一杯頑張っているようです。仕事はホテルのサポート業務で、様々な場面で臨機応変に対応しなくてはならない事も多いみたいですが、今は色々な事を吸収しながら励んでおります。入社後も定着支援という形で職場との間をサポートしてくださるとのこと。とても頼もしく感じております。娘も就労先でIONの職員の方が励ましてくださった事がとても嬉しかったようです。

      収入面では入社3ヶ月目で100円の昇給がありました。(時給は職種により若干違います。)入社前の段階で相手先の企業と条件面での交渉・調整をしていただいているので安心して働けますし、企業先へ何度も足を運んでくださる職員の方にもとても感謝しております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。最後になりますが、IONの利用者の皆さん、職員の皆さんの益々のご活躍とご発展をお祈りしております。

ION第1事業所

定員:20名

<就労移行支援> 10名

<就労継続支援(B型)> 10名

平成31年募集あり
インターンシップ、実習受け入れ随時

TEL 042-452-9420

Mail mail@ion-aion.org

知的障害がある方の成長過程において、情緒面や生活スキルの発達は、健常の方のそれと比較して数年のタイムラグがあると考えています。もちろん個々の障害特性によっても差はありますが、これまでの経験上、反抗期や思春期も健常の生徒から2~4年後に表出する場合もあります。
この事から、18歳にタイムラグの4年を加えて、22歳までは成長の伸びしろがあると考えています。
比較になるかわかりませんが、アメリカではIDEA(個別障害者教育法)が施行され、3歳~21歳まで特別な配慮や支援を行っています。ここでも21歳という年限が適応されていることはその表れでしょう。ある意味、健常者と同じ年齢、18歳で世に送り出すことだけが正解ではないという事だと考えます。
以上のことから、本法人IONの「就労アカデミーフォーステップ」では、18歳(高校生年齢)以降の成長幅を模索しながら、その個人に適合したクラス配置(1~4ステップ)することによって、1ステップ1年間という時間をかけて内面の成長とスキルアップを目指します。
例えるならば、同時期に種を撒いたとしても、作物の収穫期はそれぞれ異なります。
時間が必要な実はじっくり時間をかけて育て、収穫できる状況になってから世に出したいと思っているのです。

具体的には…

利用者の個性や作業力量、応用力を見極めたAMAメゾットを元に、4つのクラス編成を行い、ステップアップする ことにより一般企業への就労を目指します。日々のトレーニングは授業の形態をとり、各時間で明確な目標を持った 訓練を行います。STEP3、4クラスは就労移行支援として外部実習や内部での体験学習を主体とします。また、 STEP1、2クラス は就労継続支援(B型)として作業を行いますが、作業量や工賃向上に偏らず、あくまでも 基本作業のレベルアップを目指します。一年ごとに実力を見極め、着実にステップアップをした最終ステップで、 一般企業での就労を目指します。(就労先の例…老人ホーム、など)実習中は、職員による実習先への巡回指導も 行っていきます。

- AMAメソッドクラス分け -
形態別クラス名内容備考
就労定着支援一般就労就労先への巡回指導内容確実なアフターケア
就労移行支援STEP4隔月の外部実習と、振り返りトレーニング就労先との連携
STEP3PC事務・実習可能な事業所で行われる実務内容をシミュレーション就労先の模索
就労継続支援
(B型)
STEP2正確な指示の聞き取りと実践基本的スキルと対応の確認
STEP1基礎基本の反復練習掃除全般、紙折りや係数の基礎練習基本動作の確立

利用スタート

<高卒年齢から利用の方も、既卒の方の再挑戦も、しっかりサポートします!>

目標:一般企業への就労

  • まず就労継続支援(B型)を2年間利用、就労スキルを基礎から学び徐々にステップアップ。就労移行支援に移る。移行を利用する期間は個々の進度によって異なり(最大2年間)企業での外部実習を経て就労。
  • 適正を見て就労移行支援から利用、外部実習と振り返りの訓練を経て就労。

目標:B型作業所での継続的な支援

  • 生活リズムを整え、個々の課題を一つずつクリアしていく。事業所内での活動に慣れたら、地域の清掃などの施設外就労にも参加する。
  • 反復練習により、一つの仕事の精度を高める。グループによるルーティンワークに挑戦していく。

移行を利用している間は外部実習を繰り返し、当法人とパイプラインのある会社や法人への就労に結びつけます。更にアカデミー卒業後も、地域の就労支援センターと連携して当法人スタッフによる就労先への巡回指導を行います。企業も利用者家族も、これにより長期定着の就労が見えてきます。